チキログ

日々もがき苦しむ26歳の日常

25歳最後の日に思うこと

いきなりですが、明日でぼくは26歳になります。

誕生日おめでとう!自分!

 

もう立派なアラサーですよ。

ぼくが26歳だなんてびっくりです。時がたつの速すぎます。

気持ちは17歳の頃から成長していませんが。

 

明日で26歳というのに、ぼくは一ヶ月前から会社を休職中です。

統合失調症ってやつらしいです。

 

幼い頃から個人主義で、集団行動が全くできず、組織で働くことなんてできるはずがないのにも関わらず、

”大人たるもの、会社で組織人として働いて一人前”

という、社会の一般的な考え方にとらわれて普通に就職してみたんですよ。

無理やり社交的で優等生なキャラクターを演じ、そこそこ真面目に働いていたら、ある朝なにかがプツンと切れて身体が動かなくなりました。

併せて、ストレスで胃潰瘍になって通常の食事が取れなくなったんです。

 

そこで考えたわけです…

 

 

自分を押し殺して働いて、身体を壊すってなんかおかしくない??

楽しく生きるために働いているのに、ストレスで胃を壊して、身体が弱っていくのって本末転倒じゃない??

 

ちょっとだけ考えて決意しました。

そうだ!会社辞めよう!

 

 

この歳にもなると、周りの友人達からは頻繁に結婚、子供の話、マイホームのおめでたい話しが耳に届きます。

そんな中、晴れてぼくは無職に!!

 

これからどうなるか全く検討もつかないけど、何故かワクワクが止まりません。

 

学生のときに空港の出発ロビーで、巨大なバックパックを背負い、航空券とパスポートを握りしめ、座ってた時とそっくりのワクワクが。

 

 

さあ、楽しい26歳の始まりだ

 

なんだか、日々の生活にもやもやしている同年代になにかを届けていきます。